果物を食べると〇〇になる

皆さんは、日常で果物を食べる機会はあるでしょうか。

野菜は気をつけて摂取されている方も多くいらっしゃると思いますが、
果物を毎日気をつけて摂取されてる方は少ないと思います。



果物の中には、野菜よりも栄養価が高い物があったり
老化予防、筋力アップ、ダイエットなど、目標や目的を達成する手助けにもなると考えます。

それでは、実際にどのような栄養素が入っているか話していきましょう。

果物には抗酸化成分が豊富に含まれています。

・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維
・フィトケミカル

これらの成分が豊富に含まれていることにより、体の調子を整えたり、疾病予防に役立ちます。

他にも、カロテン、ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄なども含まれます。



運動(トレーニング)とも深く関わっており、果物は糖を含んでいるのでエネルギーに変換されやすいです。トレーニング前や後に摂取することにより、エネルギー不足になるのを防いでくれるだけでなく、
タンパク質(プロテイン)を一緒に摂取すると吸収率も良くなります。

ダイエットやボディメイクに方にとっては、カロリーが低く腹持ちが良い食材です。
特にバナナやリンゴなどは、良く噛むということから満腹感にも繋がります。

また、オリゴ糖が多いことにより腸を刺激し、腸の働きを活発にするので便秘解消にも効果的です。

最後に、朝はカラダへのストレスがかかる時間帯であると言われているので、
果物を積極的に取りストレスホルモンの分泌を制限することをオススメします。

ストレスが身体にかかることで筋肉量の低下だけでなく体調不良などにも繋がるので摂取してみて下さい。

今回は、果物の栄養素ついてご紹介させていただきました。
最後までお読みいただきありがとうございました。


前へ 次へ