夏に向けて意識したい食事

本日は、夏に向けて意識したい食事についてご紹介したいと思います。

 

日中の気温も上がり暑い日が続いていますね。

本日は、夏に不足しがちな栄養素についてご紹介します。

また、夏にオススメの食材についてもご紹介して行きましょう。

 

夏は暑さで食欲が低下するうえ、たくさん汗をかいたり大量が消耗したりして、栄養不足に陥りがちです。

すると、疲れやだるさなど、夏バテの症状が現れやすくなります。

できるだけ栄養バランスのよい食事をおいしく食べるようにすることが大切です。

特に不足しがちなビタミンB1、ビタミンC、良質たんぱく質を意識してとるようにしましょう。

 

ビタミンB1・・・疲労回復に欠かせない栄養素

糖質を体内でエネルギーに変えたり、疲労物質を分解する働きがあります。

体内に蓄えておくことができず、汗とともに排出されやすいため、発汗量の多い時期はどうしても不足しがちになります。

オススメの食材としては、豚肉、卵、玄米、アドカドなどが代表的に上げられます。

これらは手軽に使えて便利な一方、塩分を多く含むので、食べ過ぎには十分に注意してください。

 

 

ビタミンC・・・ストレスを軽減するホルモンを合成する。

暑さや疲労を感じると、ストレスを軽減するためのホルモンが多く分泌されますが、

この時にビタミンCが大量に消費されるので、ストレスが多いとビタミンCが不足してしまうのです。

オススメの食材としては、じゃがいも、カラーピーマン、キウイなど、野菜と果物などが代表的に上げられます。

ビタミンCは水に溶けやすく調理時に失われやすいのですが、じゃがいものビタミンCはデンプンで覆われているため、流出が少ないのです。

 

 

たんぱく質・・・必須アミノ酸をバランスよく含んでいるたんぱく質。

体の中で効率よく利用され、体を作る材料となります。

暑さで食欲がなくなると食事量の低下に比例して、良質たんぱく質の摂取量も不足してしまうため、意識してとっていきましょう。

オススメの食材としては、肉類、魚介類、大豆製品、卵などに多く含まれています。

特におすすめなのは、鶏ささみです。良質たんぱく質を多く含み、低脂肪なので夏でもさっぱりと食べられます。

 

 

今回は、夏に向けて意識したい食事についてご紹介させていただきました。

是非参考にしてみて下さい。最後までお読みいただきありがとうございました。


前へ 次へ