ファイトケミカル -ポリフェノール編-

「ファイトケミカル」とは

野菜、果物、豆類、いも類、海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、
具体的には、植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分です。

数千種類以上あるファイトケミカルには抗酸化作用を持つものが多いことから、老化予防が期待できるほか、代謝の促進、免疫力向上、脳機能の強化などその種類によってさまざまな働きがあると言われています。

比較的よく耳にする「アントシアニン」「カテキン」「リコピン」などの成分も、ファイトケミカルに含まれます。

ファイトケミカル(抗酸化物質)を大きく分類すると、
ポリフェノール、含硫化合物、カロテノイド、テルペン類、多糖類の5種類に分けられます。

今回はその中から、ポリフェノールについて書かせていただきます。
是非、ご参考ください!



■ポリフェノール
植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。植物の色素やアクの成分で、抗酸化作用があります。多くは水溶性で吸収されやすい特徴があります。

【代表例】

・アントシアニン(含まれる食品:赤ワイン、ブルーベリー、ナス、赤しそ)
赤や青、紫などの水溶性色素で、目の網膜にあり光を感じる働きを支えているロドプシンという色素成分の再合成を促す働きがあるといわれています。

・イソフラボン(含まれる食品:大豆、大豆製品など)
女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをし、骨粗鬆症の予防や更年期症状の緩和が期待されます。

・カテキン(含まれる食品:お茶、紅茶など)
茶葉に含まれている苦味や渋味の成分で、抗菌作用の他、血中コレステロールの低下や血圧の上昇を抑える働きが期待できます。


SACO DELI.では
カラダに不必要な食品添加物を使用しておりませんので、食材が本来持ち合わせる 「ファイトケミカル」をしっかりとカラダに届けることができます。


前へ 次へ