グルテンフリーにこだわる理由

健康志向が高まる中、「グルテンフリー」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。


グルテンフリーとはその名のとおり、グルテンを含まないという意味です。
では、グルテンとは一体何なのか。
そして、グルテンを含まない食品を取ることによりどんな効果が期待できるのかについて記載します。


グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦といった穀物から生成されるたんぱく質のことであり、「グルテニン」と「グリアジン」というたんぱく質が小麦粉などに含まれていますが、水を加えてこねることで「グルテニン」と「グリアジン」が絡み合ってグルテンとなり、粘り気や弾力性が増します。

パンやパスタのもちもちとした食感はグルテンによるもので、ピザやお好み焼き、天ぷら、お菓子、カレールーといった小麦粉や小麦粉を使用した加工品に含まれるため、米を主食としている日本人であっても比較的口にする機会が多い成分と言えます。


日頃、摂取する機会が多いグルテンですが、
体質によっては体の中で消化不良や便秘、下痢、アレルギー反応を引き起こす可能性があるともいわれています。

そもそもグルテンは人の消化酵素で完全に分解されにくく、分解途中の物質が炎症を引き起こして消化吸収機能の障害をもたらす可能性があります。

また、腹痛、便秘、下痢などの消化器症状、消化吸収の低下による栄養失調、思考力減退や疲労感などさまざまな症状をもたらします。
片頭痛や月経前症候群、自己免疫疾患につながる可能性もあります。


グルテンフリーの食事にすることで、便秘や下痢の解消、腸内環境の改善などの効果があるといわれます。



腸内環境が整えば、肌荒れやニキビなどの肌トラブルが改善する可能性も期待できます。また、グルテンの影響で倦怠感・疲労感などがある場合も、グルテンフリーで改善される可能性があります。
もちろん、体質などの個人差もありますので、一概にグルテンフリーで改善するとは言えませんが、自身の食生活を見直してみてもいいかもしれませんね。


私たちは素材にこだわり、グルテンを使用しないグルテンフリーを推奨することで美味しさと健康をお届けしております。


前へ 次へ